ブログ

2012-02-15

Facebook ソーシャルネットワーク・デビューしました!

最近話題になっているFacebookに、石井健三と東三河演劇祭実行委員会の2つのページを開設しました。

順次書き込める、順次双方向に情報が行き来できる、写真動画がいち早く伝達できる、

これが大きな利点です。

ホームページやブログは、そのよりどころですが、軽快さはFacebookには及びませんね。

どうぞFacebookをご覧ください。o(*^▽^*)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-02-01

つくばオペラフィオーレ2012年公演決定!

オペラ「マダム・バタフライ~蝶々さん」

ようやく邦訳台本を完成させました。

時は明治20年代半ば、所は国際港の長崎。

明治維新から4半世紀がたち、時流に乗れた人、没落した人の

格差がはっきりとしてきた活気ある明治の時代です。

「坂の上の雲」と同時代のまだ江戸時代の色濃い明治です。

若くイケメンのアメリカ海軍中尉が100円で仲介してもらった芸者を

現地妻として新婚生活のように楽しもうと高台に瀟洒な家まで借りて、

異国生活を横臥しようと企んでいた。

そのお相手は、まだ15歳になったばかりのうら若き少女芸者蝶々さん。

没落士族の娘で、貧乏の末、芸者になっていた。

初めて会った結婚嫁入りの日、そのかわいらしさと純粋さにすっかり

愛おしくなって甘い生活が続く。

しかし、アメリカ海軍の帰艦が決まり別れの日が来た。

「ある晴れた春の日にまた帰って来る」と約束した言葉を信じて、

3年たったある晴れた春の日に、届いた寄港の知らせ。

有名なアリアに歌われたように、果たして彼は戻ってくるのだろうか?

08

話は思わぬ展開になって、悲劇が襲う。

誰もが切ないこの娘の姿に涙するはずです。

どうぞお期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-12-12

松田トシ刀自命(トジノミコト)ご葬儀がつつがなく執り行われました。

Dscn0806_640x480故松田トシ先生のご葬儀が、青山斎場で2011年12月11日に、日枝神社祭祀によっておごそかに荘厳に神式で執り行われました。

2礼2拍1礼で玉ぐしを献上してお別れして来ました。幡ヶ谷近くの斎場で荼毘にふされてご遺骨は、ご自宅の赤坂へと戻られました。

ご親戚はいらっしゃらないとお聞きしていましたが、いとこ様や松田本家の方もお越しになり、喪主のご友人で後見人の観世元康様ご家族と、松田先生の教え子たちに見守られて高天が原の神様におなりになられました。

松田トシ先生のご生涯は大変長く、業績は多岐にわたり広く大きく、その一生で関係なさった方々は大勢なので、誰が特別な方なのかは一口には言えません。

私は、松田先生の初期後半から中期前半までのお付き合いでしたから、60代半ば頃まででしょうか。 その後はお会いすることもあまり無くお手紙のみの関係になっていました。

ご葬儀にはその後の松田先生中期後半から後期、そして現役引退後にもお稽古に通われ最期までお付き合いなされた方も大勢いらっしゃって、最後まで親しくなさった方々に恵まれた人生をお送りされたことは本当に素晴らしいことで、やはり松田先生は稀有なお方だったと改めて感銘いたしました。

私の才能を見出し育ててくださり、送り出して下さった大先生でした。

故松田トシ先生、故城多又兵衛先生、故ニコラ・ルッチ先生、故吉岡巌先生、故エルンスト・ヘフリガー先生と恩人の先生方をすべて失ってしまいましたが、その教えは自分の中に育って生きております。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-12-08

松田トシ先生のご冥福を祈ります。

3歳の時から松田トシ先生の松の実会という歌のお稽古場に通った思い出が、今よみがえってきます。

12月7日の朝に、96歳という長命を終えられ天寿を全うされました。

懐かしい思い出と、つらい思い出も交差しながら、でもニュースや新聞で皆さんから慕われたお話を聞くと、思わず涙が流れてきます。

先生、天国でもお幸せにお過ごしください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011-12-07

ミュージカル「星の王子さま」宇都宮公演情報

皆さん、11月青山円形劇場での「星の王子さま」公演では、地理学者役で少しいかめしい気難し屋の学者を演じました。 今回の宇都宮公演(12月25日)では、コミカルな王様役に挑戦いたします。 吉田仁美ちゃんとの絡みがコミカルで哀れな難しい役ですが、来週から稽古に入っていきます。

どうぞ、宇都宮観劇会主催のミュージカル「星の王子さま」MMC公演をお楽しみにしてくださいね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011-11-01

ミュージカル『星の王子さま』 いよいよ開幕です!
11/1~6 @青山円形劇場

皆様、こんにちは!

私、出演のミュージカル

劇団M.M.Cオリジナルミュージカル
『星の王子さま』

が、いよいよ本日開幕いたしました~!

長いような、短かったような稽古期間を経て、
遂にやってまいりました。

皆の頑張りで、
いい作品に仕上がったかなと思っています。

皆さん是非、劇場に足をお運び下さいね!

私は地理学者役で、
ダブルキャスト【宙(そら)組】に出演です。
Ojisama2011dt
3日(木・祝)の昼の回は完売になりました。

他の回も残席僅か…

お申込はお早めに!!

詳細ページ
※公園期間に入りましたので、
チケットお申込は、劇団M.M.C(03-5600-5787)まで
お問い合わせをお願い致します。

Hoshi_fin801 Hoshi_fin802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-09-13

<コンサート情報>
10/8(土) つくばオペラフィオーレ2011
東日本大震災復興支援 チャリティーコンサート

9/10(土)
上野での「Voce49」にご来場下さった皆さま、
本当にありがとうございました。

そして、芸術の秋。
10月は、オペラフィオーレのコンサートを行います。

つくばオペラフィオーレ2011
東日本大震災復興支援 チャリティーコンサート

◆日 時 : 10/8(土) 14;00開演(13;30開場)
◆会 場 : つくば市ノバホール
◆料 金 : \2,000(税込) 全自由席 → チケット予約

<曲 目>
・プッチーニ「トゥーランドット」より
 誰も寝てはならぬ
・プッチーニ「トスカ」より
 歌に生き恋に生き
・・・ほか

<出 演>
~友情出演~
 田代 誠(T)/伊藤 和広(Br)

 飯田 美香(S)/五木田みどり(S)/柴田 真理(S)/田中 宏子(S)
 成田 明美(S)/三谷 牧子(S)/神谷フクミ(Ms)/石井 健三(T)

Fukkou2011a_2

今回の公演は、3/11に発生した東日本大震災の復興支援の一環として実施されます。

皆さん、ぜひお誘い合わせの上、お越し下さい!

◆詳細情報・チケットご予約はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-09-07

<コンサート出演情報>
9/10(土)「Voce49(ヴォーチェ・クアランタノーヴェ)コンサート」

皆さん、お元気ですか?
大変ご無沙汰しておりました。

長いようで短かったような夏が、いつの間にか過ぎようとしています。
まだまだ暑い日もありますが、秋の気配が少しずつ近づいていますね。

さて、
前回のランチコンサートに引き続き、
皆さんにお会いできる機会が迫ってきました。

9/10(土)
上野・旧う東京音楽学校奏楽堂で行われる
「Voce49(ヴォーチェ・クアランタノーヴェ)コンサート」
に出演します。

当日は
カッチーニ作曲の「アマリッリ」、ヘンデル作曲の「オンブラマイフ」と、
教会カンタータ140番よりコラール 「シオンは物見らの歌うのを聞けり」
を歌います。

日にちは迫っていますが、
皆さまぜひ、9/10は上野にお越し下さい

チケットのお申込みはコチラのページから

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011-05-28

LUNCH CONCERT 大盛況で開催しました!

ご来場の90人余のお客様へ、

本当に盛大な拍手で、皆様にお楽しみいただけて終了いたしました。

心よりお礼申し上げます。

ASOのお食事も、色鮮やかでおいしかったと評判通りのお味で皆様に

満足いただけました。

お天気も曇りでしたが、暑くもなく雨も降らずに、お帰りも皆様代官山をお散歩して

お帰りになられたのではないでしょうか?

私も恵比須ガーデンプレイスでお友達とお茶して帰宅いたしました。

あっという間の3時間でしたね。

またこんな会が催されますこと願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-05-23

一気に夏から春に

先日までの暑さで、金曜のランチコンサートにどんな服を着ようか選んでいましたが、また今週は涼しくなりそうで迷ってしまいます。

庭も初夏の装いになって、パンジーやシクラメンは終わり、シャクヤクが一番目立って花開いています。

虫も多く、半袖で庭にいたら、あっという間に何か所も刺されてしまいました。

さっそく殺虫剤と防虫スプレーを買いに行きました。

ランチコンサートも売り切れになり、大盛況です。 体調を整えてのぞみたいと心引き締まります。o(*^▽^*)o

| | コメント (1) | トラックバック (0)